読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のブログ

川の適当気ままなブログです。 

新序 楚恵王呑蛭

漢文

こんにちは川です。

勉強も兼ねて訳してみます。

 

白文

楚恵王、食寒葅而得蛭、因遂呑之。

腹有疾而不能食。

 

令尹入問曰、

「王安得此疾也。」

王曰、

「我食寒葅而得蛭。念譴之而不行其罪乎、是法廃而威不立也。

 非所以使国聞也。譴而行其誅乎、則庖宰・食監、皆法当死。

 心又不忍也。故吾恐蛭之見也、因遂呑之。」

 

令尹避席、再拝而賀曰、

「臣聞、『天道無親、惟徳是輔。』君有仁徳、天之所奉也。

 病不為傷。」

 

是夕也、恵王之後、蛭出。

故其久病心腹之疾皆愈。

天之視聴、不可不察也。

 

書き下し文

楚の恵王、寒葅を食らひて蛭を得、因りて遂に之を呑む。

腹に疾有りて食らふ能はず。

 

令尹入りて問ひて曰はく、

「王安くんぞ此の疾を得たるや」と。

王曰はく、

「我寒葅を食らひて蛭を得たり。念ふに之を譴めて其の罪を行はざらんか、是れ法廃して威立たざるなり。

 国をして聞かしむる所以に非ざるなり。譴めて其の誅を行はしめんか、則ち庖宰・食監、法として皆死に当たる。心に又忍びざるなり。

 故に吾は蛭の見はるるを恐れ、因りて遂に之を呑む」と。

令尹席を避け、再拝して賀して曰はく、

「臣聞く、『天道親無く、惟だ徳を是れ輔く』と。君に仁徳有り、天の奉ずる所なり。

 病傷と為らざらん」と。

 

是の夕べ、恵王の後ろより、蛭出づ。故に其の久しく病みし心腹の疾も皆愈ゆ。

天の視聴、察せざるべからざるなり。

 

現代語訳

 楚の恵王は、寒食節に食べる酢漬けの野菜を食べていて蛭を見つけたが、そこでそのまま蛭を飲み込んでしまった。

そのため腹の病気になり、食べることができなくなった。

 

宰相が恵王の部屋に入って尋ねて言った、

「王様、どうしてこのような病になったのでしょうか。」

王が答えていった、

「私は酢漬けの野菜を食していたら蛭を見つけた。思うに、蛭が入っていたことを責めて処罰しないとなると、法の威厳が損なわれてしまう。

 国民に聞かせるわけにはいかない。また、罪を責めて処罰すると、つまり料理場の主任や食事の監督官が、法律で皆死に当たる。

 これは、心情に耐えることができないことである。そのため、私は蛭が人の目にふれることを恐れて、そこでそのまま飲み込んでしまった。」

 

宰相は席を離れて、再びお辞儀をし、祝って言った、

「私はこのように聞いております。『神様はえこひいきせず、ただ仁徳がある人だけを助ける。』と。君には仁徳が有り、天が助けてくださいます。病は命を取るほどの病気にはなりません。」

 

この晩、恵王の肛門から蛭が出た。そのため、長く病んでいた胸と腹の病気が完治した。

天の視聴には、十分に注意しなければならない。

 

調べた語句

寒葅 ・・・ 寒食節(冬至後、百五日に当たる日で、この前後の三日間は日を使うこ

       とを禁じており、あらかじめ作っておいた料理を食べる)に食べる酢漬

       けの野菜。

令尹 ・・・ 宰相

dictionary.goo.ne.jp

dictionary.goo.ne.jp

kanji.jitenon.jp

dictionary.goo.ne.jp

kotobank.jp

kotobank.jp

庖宰 ・・・ 宮中の料理場の主任

食監 ・・・ 食事の監督官

kotobank.jp

見 ・・・ 人の目にふれること

dictionary.goo.ne.jp

無親 ・・・ えこひいきはしない。

kanjitisiki.com

奉 ・・・ 助ける

傷 ・・・ 命取りの病気

後 ・・・ 肛門

 

間違いがあったらコメントお願いします。

あくまでも参考程度に