読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川のブログ

川の適当気ままなブログです。 

説苑 不顧後患 ~こうかんをかえりみず~

漢文

こんにちは川です。

勉強を兼ねて載せてみようと思います。

 

白文(原文)

呉王欲伐荊、告其左右日、

「敢有諫者死。」

舎人有少孺子者。

欲諌不敢。

則懐丸操弾、遊於後園。

露沾其衣。

如是者三旦。

 

呉王曰、

「子来。何苦沾衣如此。」

対曰、

「園中有樹。其上有蝉。

 蝉高居悲鳴飲露、不知螳螂在其後也。

 螳螂委身曲附、欲取蝉、而不黄雀在其傍也。

 黄雀延頸、欲啄螳螂、而不弾丸在其下也。

 此三者、皆務欲得其前利、而不顧其後之有患也。」

呉王曰、

「善哉。」

乃罷其兵。

 

書き下し文

呉王荊を伐たんと欲し、其の左右に告げて曰はく、

「敢へて諌むる者有らば死せんと。」

舎人に少孺子なる者有り。

諌めんと欲するも敢へてせず。

則ち丸を懐き弾を操りて、後園に遊ぶ。

露其の衣を沾す。

是くのごとき者三旦なり。

 

呉王曰はく、

「子来たれ。何ぞ苦しみて衣を沾すこと此くのごとき。」と。

対へて曰はく、

「園中に樹有り。其の上に蝉有り。

 蝉高居し悲鳴して露を飲み、螳螂の其の後ろにあるを知らざるなり。

 螳螂身を委ねて曲附し、蝉を取らんと欲し、

 而も黄雀の其の傍らに在るを知らざるなり。

 黄雀頸を延べ、螳螂を啄まんと欲し、而も弾丸の其の下に在るを知らざるなり。

 此の三者は、皆務めて其の前利を得んと欲し、

 而も其の後ろの患へ有るを顧みざるなりと。」

呉王曰はく、

「善きかなと。」

乃ち其の兵を罷む。

 

現代語訳

呉王は荊を討伐したいと思い、側近たちに告げました。

「どうしても私を諌めるものがいるならば、死刑にする。」と。

舎人に年が若い男がいました。

呉王を諌めたいと思っていましたが無理にしようとは思っていませんでした。

男はそこではじき弓の弾を懐に入れ、はじき弓をもって、宮廷の庭を歩き回りました。

露が衣服をぬらしましたが、

このようなことを三日間毎朝行いました。

 

呉王が言うには、

「あなた来なさい。どうしてわざわざ衣服を濡らすようなことをするのか。」と。

少年が答えて言うには、

「庭の中に樹があります。その樹の上には蝉がいます。

 蝉は高いところにいて高い声で鳴いて露を飲んでいるのですが、

 かまきりが後ろにいることを知りません。 

 かまきりは体をかがめ、脚を縮め、蝉を取ろうとしているのですが、

 黄雀が側にいることに気づいていません。

 黄雀は頸を延ばし、かまきりを啄もうとしているのですが、

 はじき弓の弾が下に在るのに気づいていません。

 この三者は、皆懸命に自分の前の利益を得ようとして、

 後ろに災難がせまっていることに気がついていないのです。」

呉王は答えていうには、

「その通りだなぁ。」

と言い、荊への出兵をやめました。

 

 

調べた言葉

左右 ・・・ 王のそばに仕える臣下たち

 

kotobank.jp

 

舎人 ・・・ 王の近くにはべる人

舎人 - Wikipedia

 

www.weblio.jp

丸 ・・・ はじき弓の弾

弾 ・・・ はじき弓

dictionary.goo.ne.jp(ここでは宮廷の庭)

dictionary.goo.ne.jp

悲鳴 ・・・ 高い声で鳴く

螳螂 ・・・ かまきり

委身曲附 ・・・ 体をかがめ、脚を縮める。

kotobank.jp

黄雀 ・・・ すずめの一種

dictionary.goo.ne.jp

www.weblio.jp

dictionary.goo.ne.jp

kotobank.jp

自分が何かを狙っているように、他人が自分を狙っているみたいな事が言いたかったんですかね。

間違っているところがたくさんありそうなのでコメントお願いします。